top of page

指導者紹介

指揮者写真.jpg
​指揮者   中城 良

【プロフィール】

1995年東京生まれ。明治学院東村山中学校・高等学校を経て2017年東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)を卒業。大学主催の“打楽器教員コンサート”で日本を代表するフルート奏者、工藤重典氏とジョリヴェの協奏曲で協演。広島交響楽団定期演奏会にてエリザベト音楽大学合唱団を指揮し協演。2019年、2020年に札幌の川越守記念北海道交響楽団に初の客演指揮者として招かれマーラーとブルックナーの作品を指揮しデビュー。若手指揮者トライアウトコンサート2021に参加し、各プロオケから選ばれた奏者からなる特別編成のオーケストラを指揮し研鑽を積む。
2022年にN響団友オーケストラと共演。

指揮を広上淳一、田代俊文に、作曲・和声・対位法・スコアリーディングを高橋裕に、ヴァイオリンを中村静香、上田敏子に、ピアノを阿部薫、小菊馨子、高橋雅代、廣野まや子、オペラを竹之内純子の各氏に師事。

現在、中野弦楽アンサンブル ナ・カージョ永久指揮者、PRIME WIND ENSEMBLE 常任指揮者、黒門吹奏楽団常任指揮者、マンドリンアンサンブル・イリス常任指揮者。ワーグナーの音楽をこよなく愛する。

Sayuri SugiyamaC.jpg
​弦トレーナー  杉山 さゆり

【プロフィール】

横浜市生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。

ヴァイオリン・ヴィオラを市原利彦氏に師事。

14歳より日本大学藝術学部ルイ・グレーラー氏に師事。

​氏の指導を継続するため日本大学藝術学部へ進む。同大学藝術学部、及び同学部研究所終了後ウィーンに留学、ウィーン国立アカデミーのフランツ・サモヒル氏の教えを受ける。

1987年にチェンバーアンサンブル ミュージャパンを設立、主宰。
またヴァイオリン・ヴィオラ・室内楽の指導では、海外留学と多岐にわたる音楽経験から考案したカリキュラムを基にミューミュージックアカデミーを開講し、確実な技術の会得、そして個人の音楽性を高める指導を行っている。

元日本大学藝術学部非常勤講師、埼玉開智高等学校音楽コース講師。
​現在、チェンバーアンサンブル ミュージャパン、ミューミュージックアカデミー主宰。

bottom of page